はだげん論議

 松江市の小中学校図書館で、漫画『はだしのゲン』が市教委の求めに応じて閉架に移されていた、というニュースについて、今日同僚と話した。彼は今朝の朝刊で見たという。僕はネットのニュースで見た。
 はだしのゲンや広島原爆についての語られ方は、無批判に同じように語られるよりは多様であって良いと思うが、しかし図書室で手に取れないようにする、という措置を取ったことには違和感を感じた。確かに、ニュースで取り上げられた場面に子供たちは衝撃を受けるだろうが(むしろ原爆の被災場面の方がはげしい印象を与えるのではないかと思うが)、子供たちは子供たちなりに文脈の中で捉えるものだろうし、そもそもこうした経緯の発端が「市民の一部から『間違った歴史認識を植え付ける』として学校図書室から撤去を求める陳情が市議会に出された」ということで、措置としては短絡的ではないかと感じた。
 時代は移り変わり、戦争を体験した人々が多く生きていた時代に実感を持って語られた「戦争はこりごりだ」という思いが、戦争を知らない人々が多く生きている現代の中で段々と語られなくなってきているのだとすれば、それは自然なことだと言うことも出来るかも知れないが、そうした中では『はだしのゲン』や「ヒロシマ」、「ナガサキ」の語られ方(思想、というのはちょっと難しく感じる)の強度は改めて確かめられるべきで、当たり前のように言われる「風化」に抗おうとするならば、その強度は戦争を知らない現代の人々自身がよりかたいものにしていく必要があるだろう。体験者の言説がなくなったときに、何の力も持たない、というのではあんまりだ。
 図書館というのは、人々の「知る権利」に応えるための場所だ、と認識している。図書館は特定の考え方に偏った書籍を置くことがあってはならないし、多様な資料を提供し、それを市民が選び、手に取って開き、そこから情報を得る・必要な情報を知るための能力を得る場所である必要がある。ものごとの可否というのは多様性の中で個々人が見出すべきで、そうした要素を本質的に持っている図書館でこういうことが起こると割合ニュースになるが、学校図書館はちょっと事情が違うんかな、といろいろ思ったりした。端的に言うとこういう動きはちょっと危ないよな、と思った。…何てことを、別段何も考えずに暮らしている人間がふと思い立ったように考え出すのが、8月という季節なのだ、きっと。そしてまたいつもの、起きて食って動いて寝る日常生活に戻っていくのだ。そろそろ夜の風が涼しくなってきた。

“はだげん論議” への 2 件のフィードバック

  1. 図書館で閲覧に制限を加えるのはなんか違うよな、と思いつつも、問題とされた第2部がひどい内容を確かに含むことと、日教組の思想が少なからず入っていることを鑑みると、その判断が揺らぐだけのものもあるかな、とも思う。
    まあ、でも、それにしたって基本は各自判断だよなぁ。

    1. コメントとレイアウト変更ありがとう!

       一市民の「反日的」だという市議会への度重なる主張(陳情)がきっかけとなり、教育委員会が旧日本軍の蛮行シーンを「過激な描写」とした…ということだけど、そもそもその過程においてどんな議論がなされたのか、(結局閲覧制限の要請を撤回という結果になったけれど)人々がどんな話をしたのか。個人的には、最初の発端となった市民の行動については、何だか薄ら寒い気持ちになるよ。教育委員会にとっては、陳情に対して論点をずらして閲覧制限をしたこと自体が苦肉の策だったのかも知れないし。
       今回のこの出来事については色んな語られ方をしているけど、普段図書館にいる立場から考えると(作品としての評価は別として)、学校図書館であっても一つ一つの資料を置くにあたってはその根拠が必要だと思うし(実務の中で、資料の内容について細かく精査するのは現実的に難しいとしても)、様々な情報の取捨選択の力も養うための場であるべきだから、選択としてはやはり問題だったと思うよ。
      『はだしのゲン』が資料として問題があると判断されたならば、その問題点を別の観点から補う他の資料を充実させるとか、先生が側面から補足していく、という作業があっていいと思うけど、何か問題点が浮き彫りにされたときに弱い、というのは多分ほとんどの学校現場が同じじゃないかなあ(学校図書館のことはよく分からないから推測だけど)。
       …僕にはこれくらいしか考えられないけど、でもますのコメントもまたいろいろ考えるヒントになったよ。ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です