週末の出来事と台風

 先日、江古田に行った。駅の出口周辺には若い人がたくさんいた。どこに入ろうかとぶらぶら歩いていると、ふとかぐらの看板が目に入り、土曜日で開いていたから迷わず入った。店内は賑わっていた。キムチチャーハンはなかったし、ピニャコラーダも飲まず、かに味噌も食べなかったがメンチカツは注文した。ある程度の数の品物を頼んだつもりだったが会計は手頃なのも、かぐらならではだった。
 帰りの車中のこと、西日暮里を過ぎたところでドスンと大きな音がした。人が倒れたようだった。何人かの人が、ためらいながらも様子を伺い(僕は何もしなかった)、次の日暮里で大勢降りた乗客の一人が非常ボタンを押して足早に去って行った。電車はしばらくの間停車し、駅員が何人かやって来て、よろよろしながら外に出た背広のおじさんの周りに集まったが、おじさんは立っているのもやっとの様子だった。額には血が滲んでいた。
 電車は停まったままで動かず、向かいのホームに京浜東北線が入ってきたのでそちらに移った。残された車両とおじさんたちの様子を眺めながら駅を離れたが、別のおじさんが駅員の体を押して抗議していて、いかにも状況に乗じて言いがかりを付けようとしている風だった。週末の夜はそうして過ぎた。
 10月になってもしばらくの間あたたかい日が続き、火曜の夜から水曜の昼にかけて台風がやって来た。水曜の午前中は数人の常連客以外は人もなく図書館内も静かだったが、強い風が吹いているというのに時々何人かの人たちがやって来て、中には小さい子供連れの親御さんもいて、しばらく過ごして帰って行った。この日は行きも帰りも電車が空いていた。
 来週にはまた台風が来るということだ。台風が通り過ぎると、また気温が下がりそうだ。秋になると、部屋の中が途端に冷えてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です