春を迎える雨

 夜、皿を洗って晩飯を食べようとしたら流しのフライパンの中でいてほしくない虫がお陀仏していてたまげた。暖かくなってきて、生き物たちも活動を始めるのだ。台所は危険だ。困ったことだ。
 休日の今日は、一日家で過ごした。ときおり雨の音が聞こえたが、外がどんな様子かは分からなかった。
 約一ヶ月ぶりにベースを弾いた。前回は余りの弦高の高さに指が擦り剥けて、やむなく慣れないネック調整をしたのだが、その甲斐あって何とか指をいためずに弾くことができた。
 この一年、不動産サイトで物件を探すことが度々あった。結局今住んでいるところは二度目の更新をしたのだが、上の階の住人たちは今月出ていった。物音などを気にしなくて済むから気楽だが、無人の部屋が増えて何となく寂しい感じもする。最上階の住人と今回出ていった下階の人との間でトラブルがあったということで、不動産屋の店長も頭を悩ませている様子だった。2年前の更新のときに店を訪れた際は震災の話をしつつも元気そうだったが、今回のことはえらく堪えたのが目に見えるくらいで、大変だったことをいろいろと話してくれた。それを奥さんが「店長、話し過ぎ」とたしなめる場面が何度かあった。そんな話に紛れて、何処か良い物件があれば教えて欲しいと頼んだのだが、自分くらいの収入でそれなりの防音機能を持った楽器可の物件は難しいようだ。そうして今の住まいで5度目の春を迎える。

“春を迎える雨” への 2 件のフィードバック

  1. 月日が過ぎるのは早いもんだね。風邪をうつしてしまったのはカレーを作った時だったっけ…
    狭い部屋は狭いままだけど、以前よりはましになったよ。不便なところだけど、機会があったら鍋でもやりたいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です