おっさんもやっている

 今、家のテレビにはニューファミコンが接続されている。そうなったのはここ1、2ヵ月のことだ。今の生活の中でゲームを、それも昔散々やったものをまた再びやっているということは問題だ。問題だ。このブログでも、これまでにゲームの記事を書いた記憶はない。それくらい、普段ゲームをやることはなかった。練馬区から引越して以降、ゲームを荷物から取り出すこともなかった。ともかくそんな現在の日々を少し振り返りたい。
 やるソフトは2つしかない。「くにおの運動会(ダウンタウン熱血行進曲)」と「カプセル戦記」だ。それぞれ1990年と1989年に発売されたファミコンソフトだ。手短にゲームをやりたいときはくにおを、腰を据えてやりたい時はカプセル戦記をやる。ここ数日は主にカプセル戦記をやっている。
 カプセル戦記はシンプルなつくりのアクションバトル型シミュレーションで、青軍と赤軍に分かれて様々な地形のマス目で埋められたマップ上で手持ちのコマ(ユニット)を進めて都市を占領して収入源を得て、ベースで新戦力を生産し、敵側のコマとマップ上で重なるとアクションバトルが発生する。これに勝つと相手ユニットは消滅する。こうしたやり取りを経て敵軍の本拠地に辿り着き、親玉をやっつけたら勝利となる、そんなゲームだ。シンプルとは言えマップ構成により戦略は様々で、無計画に進軍することはできない。全部で45体のユニットにはそれぞれに個性があり、安価な量産型から高価な精鋭機までいろいろ選ぶことができる。ただし、手持ちの資金がないと性能の良いユニットを作ることができないので、ともかく都市を回って収入源を得ないといけない。
 ゲーム開始にあたって先ずやることは両軍の設定で、大軍と小軍(初期配置ユニット数の大小)、軍資金の量を入力する。子どもの頃はとにかく自分にハンディをたっぷり付けて相手(CPU)に勝つ、ということばかりやっていたが、おっさんになるとそこそこ操作できるようになって、今は相手をやや有利に設定して始めることが多い。しかしそんな風にして約10年振りでカプセル戦記をやり始めた当初、「宇宙の渦」というZガンダムのサブタイトルと同名のマップで「これくらい差があっても大丈夫だろう、逆転する楽しみがあるよ」と相手にかなりのハンディを付けた状態で開始したら、ほとんど太刀打ちできないほどの悲壮な長期戦となり、結局セーブとリセットを繰り返しながら夜通し頑張って勝ったものの、ゲームにしては余りに苦しい時間となった。とにかく相手は高性能機をたくさん送り出してくるが、自分はそれを少数で迎え撃たなければならないのだ。毎回のバトルがしんどすぎる!あまりのしんどさに、その後しばらくはくにおばかりやっていたが、妹夫婦が映画館でガンダムを見て来た話を聞いたのをきっかけにハンディを適当な程度にしてまたカプセル戦記をやっている。
 一昨日やった”Over Load”というマップは、横長のマップの左右に各軍の本拠地とその基盤となる要塞が配置され、要塞の周辺には都市(コロニー)が点在し、両軍の間を隔てる宇宙空間には大した障害物もなく、相手のエリアに進軍しやすいマップとなっている。初期設定大軍の相手は初っ端からどんどん進軍してくるが、一方の自軍は小軍のためユニット数が少なく、都市の占領を最優先で防衛ラインの構築も手一杯のまま、素早く進軍してきた相手と自軍の要塞の境界で戦いが勃発するという最初から押され気味の展開となった。
 ところでドムというユニットがある。1体500円で作れる。最安のザクが100円、次いで200円でグフ、ドムは下から3番目の安さで、性能もそれなりだ。子どもの頃は先ず作ることはなかったが、おっさんになった今やっているうちに、ドムは主戦力にはならないにしても、資金のない序盤に必要に迫られて生産した状況で低価格帯にしてはそこそこ使えるということに気付いた。安い2機種と比べて足が1段階速く、手持ち装備のバズーカ砲は弾速がびっくりするほど遅いとは言え爆風もダメージを与えられるので、障害物のある地形では効果的だ。ゆっくり飛んでいく弾が相手に当たるところは信じられないと同時に痛快ですらある。そんなドムで防衛ラインを張り(しかし終盤は御役御免となる)、苦しい籠城戦の中で資金が貯まると高性能機を作って出撃させ、形勢が有利になる頃までが一番面白い。形勢逆転後は、こちらの優勢で進むだけだからだ。この歳になって子どもの頃に買ったゲームをやるのもどうかと思うが、まだしばらくやることになりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です