少しずつ準備する

 昨夜、仕事の後池袋へ行き、文具と大量のボールペン替え芯と服を買った。田舎の山に移り住んだら服を買う機会も限られてくるだろうと思い、節度を保って過ごしたこの数年と打って変ってこの半年ほどは仕事用の消耗品を含む服飾品をいろいろ買いこんでいる。田舎には田舎の暮らし方があるはずだろう、とそんな自分の行為に馬鹿らしさも感じながら、悪あがきのようにせっせと街に足を運んでいる。帰りに研修で知り合った九州出身の方と西口のタイ料理屋で飯を食い、酒を飲んだ。独身時代の面白い話を聞いた。西口側を歩くのは久しぶりだった。大通りと公園の景色は馴染み深いものだった。江古田に住んでいた頃、明け方にあてもなく自転車を走らせて池袋の近くまでやって来たことがあった。要町通りの彼方に見える丸井の建物を目にして、「どこまで来たんだ」という不安と幾分かの興奮を覚えたのが記憶に残っている。
 今日は10年近く使っていた業務用のスチール製本棚を回収業者に引き取りに来てもらった。業者は荷台のあるトラックで早朝にやって来て、二人がかりで手早く荷物を積み込み、さっさと帰って行った。本棚は分解しても分量が多いので処分費用をずっと心配していたが、確認したら普通の粗大ごみに出してもそれほど高額にならなかった。今回の業者は粗大ごみに出すより少し安いくらいだった。やってみて分かること、心配が解消されることがあるのだ。
 引っ越しの訪問見積もりも来てもらった。まだ住むところが決まっていないのに訪問見積もりをするのは順番が違うようで、「移転先の住所が分かったら連絡ください」という業者の方が多かった。そんな状況でもやれることはやっておかないといけないような気がしていろんなところに確認したり連絡したりしているが、ともかく新しく住む所は早く決めてしまいたい。部屋を見渡すと「もっと荷物を減らしたい」とつくづく思う。前回の業者さんが、引っ越しは荷物を処分する良い機会だと言っていたのをよく思い出す。確かにその通りだから、何とかやってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です