坂道を行き来する日々

 広島の田舎に引っ越して間もなく3ヶ月が経つ。4月以降はほどんど部屋の片付けを進めることもできず、寝て起きて仕事へ行ってまた帰って寝る日々だ。生活の中で今までの暮らしとの違いを感じることはいろいろあるが、一つ驚いたのはLPガス(プロパンガス)の料金の高いことだ。余り高いので、お湯を使うのを少し控えた。嬉しいのはレモンを使った食品がたくさんあることだ。広島はレモンの産地だから、地元ならではの良いところだ。
 そんなことの全ては1㎞四方の限られた生活圏の中で起こっている。金を使うことと言えば、日々の食費と光熱費の支払いくらいで、良いことには違いないが面白いこともない。家の近くを流れるきれいでも何でもない川の縁に、あたたかくなってから黄色い花が咲き誇っており、そんなわずかな春の景色を横目に毎朝自転車で通勤している。満員電車で通勤しなくても良いのは喜んで良いことだ。面白いことはないが、何かを蓄える時なのだ、と思うことにしよう。
 とにかく広島の田舎に引っ越してきても、仕事は面倒なことが多いのはかわらず、やることは同じだ。そんなことを思いながらただただ日々が過ぎて行くが、生活の場を変えるという選択をした時に考えていたこと、それは忘れないでおきたい。
 やりきれないことがある。好物のスジャータの赤ぶどうジュースがよく行くスーパーにはなく、中々買えないことだ。同じスジャータのアサイージュースはあるのだが、赤ブドウは置いていない。置いているスーパーは7時半で閉まってしまうから、だらだら仕事をしている今の毎日では間に合わないのだ。限られた時間の中で、もう少し手際よく仕事が出来るようになりたい。

鞆の浦の港 広島県福山市の鞆の浦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です