秋の日に休日を過ごす

 毎週、5日間仕事をして、2日間の休日を過ごす。今週の休日1日目は午後から婚活用プロフィール写真の撮影予約を入れていた。良いコンディションで臨むため、前日はきちんと食事をして風呂に入ってしっかり寝て…と事前にイメージしていたが、ことごとく実践できなかった。時間は何をしてもしなくても、過ぎて行く。スタジオは魔法の場所ではなく、ままならない婚活を好転させるだけの宝物は手に入れられず、結局現実の自分自身の姿があらわになるのだと思い知り、打ちひしがれて帰った。
 せめてもの慰めに、と上野駅構内の馴染みの雑貨屋へ行き、その後本屋で雑誌を立ち読みして、ケーキを3つ買って帰った。帰宅して晩飯とケーキを食べ、Youtubeで子どもの頃に放映していた小公女セーラなどの世界名作劇場の主題歌を聴いてホロリとした。三善晃作曲の「赤毛のアン」の歌の伸びやかなメロディーと歌声に不思議な感動を覚えるとともに心を揺さぶられた。その後わけもなくだらだらと過ごして夜は朝に移り変わり、そしてすぐに昼になった。
 暗くなってから、自転車の空気入れ・図書館・スーパー買い出し・現金引き落とし等々を行った。何か月も続けてきた月曜日の1週間分の晩飯作りは、流しが片付いていなかったからしなかった。文具も売っている近所の本屋ではボールペンを2本買った。仕事中によくなくすからだ。
 そんな風にして休みの2日間は終わる。大阪から持ち越している音源制作は中々はかどらない。時間はほんの僅かしか自分の思うようには使わせてもらえないようだ、とかいろいろ考えながら、そうした時間の過ごし方のすべてが息抜きになっているようにも感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください